紙幣と硬貨とチャート

助言

現金化が違法になるのはどんな場合?株式の現金化では税金に注意!

投稿日:

現金化するなら法律について知る必要もあります

現金化は違法にならないものもある

現金化は違法になるもの違法にならないものがあります。それを理解していないと知らないうちに違法行為をしてしまうこともあるので、現金化をしたいのであれば違法行為について学んでおくことが必要です。

違法にならないのは街のチケットショップなどで手持ちの図書カード、クオカード、商品券を買取してもらう方法です。また、野球観戦のチケットや観劇のチケットも定価の何割かで買取してもらうことができます。

こうした行為は現金を得ても違法にはなりません。また古いお金やコインも古物扱いになるので、骨とう品のお店に売って現金化しても罪にはなりません。

ですが今使える現金をネットオークションやフリマサイトで誰かに高く売ったりして利益を得るのは違法です。それは貸金業という扱いになりますし、こうしたお金を貸すようなことをするには貸金業務取扱主任者の資格も必要になります。

無資格の人が現金を使って多くの現金を得ることは違法にもなるものです。

株式の現金化では税金に注意!

多くの利益を得るために株の取り引きをする人も多いですが、株取引にも注意は必要です。株で得た利益を使うにはまず現金化する必要がありますが、利益確定をして現金化すると多くの税金がかかるようにもなります。

住民税・所得税など合わせて約20パーセントの税金がかかりますから、20万の利益を現金化しようとすれば実際に手元に残るのは18万程度になります。

こうした税金は源泉徴収される口座を開設して取引していれば証券会社の口座から勝手に税金が徴収されていくので良いですが、そうでない場合は自分で確定申告する必要性も出てきます。

利益確定させて現金化して利益を得たのに確定申告もせず適切な税金を支払わないままでいれば、脱税扱いになり数年後にもっと多くの税金が取られてしまうことにもなります。

ですから株の利益を現金化したら脱税者にならないためにも確定申告はしましょう。

-助言

Copyright© クレカ現金化助言 , 2019 All Rights Reserved.